モールトン・サミットでコンセプトモデル "ダイナベクター・モールトン" を紹介


Dynavector Moulton DV-1 (←クリックで詳細ページ)

完全新設計の自転車で、既存モデルの色や部品を変えたり、ステッカーを貼っただけのモデルではありません。
モールトン博士は最晩年スポーク・テンションをフレーム強度に利用するフレームを開発されていました。
ダイナベクターは同様のアイデアを異なったアプローチで8年前から密かに共同研究、このたびついにプロトタイプが出来あがったのでご覧頂きます。リアのラバーコーン以外、既存のどのモールトンとも共通部品が無い、新しい理論に基づく新設計です。フレーム形状は今までと著しく異なりますが、ひと目でモールトンとわかります。

詳細は見てのお楽しみですが、少しだけお知らせしておきます。
車輪径は17インチ、重量はお城製と同等、非分割オンリー、日本での生産を予定(今回の試作も日本製)
当日は設計・製作にあたった当社富成次郎より詳細な解説を予定、ご期待ください
*このモデルはあくまで研究段階であり、価格や生産開始時期はおろか将来発売されるかどうかも未定です。今回サミットにいらっしゃる方に特別にお披露目いたしますが、今後車体は試験・評価のため英国に送ってしまうので、実見できる唯一のチャンスとなります。じっくりご覧頂き、皆様のご意見をお聞かせ下さい。(試乗はできません)

15:00からSSTと同時に発表・解説を行います。(予約不要:無料)
18:00からのパーティー(要予約:有料)では開発秘話などお伝えいたします。




    
by moulton-news | 2015-05-18 10:59
<< SST試乗車が全国巡回中です Moulton SST >>